トップページへ

一覧へ

検索条件入力へ


★ 書誌情報 ★
書  名百年の女 『婦人公論』が見た大正、昭和、平成 
著者名 酒井 順子 著    
出版者 中央公論新社   出版年:2018
ページ数414p   サイズ:20cm   価 格:2000
分 類 367.21
件名  女性-歴史  婦人公論  
ISBN978-4-12-005092-3
内容注記
内容紹介大正、昭和、平成と3つの世をまたいで、日本の女性達を導き、受け止め続けてきた雑誌『婦人公論』。その100年の歴史をひもとき、日本女性がいかに生きてきたかを振り返る。『婦人公論』連載にコラムを加筆し書籍化。  
著者紹介1966年東京都生まれ。立教大学社会学部観光学科卒業。広告会社勤務を経て執筆専業となる。「負け犬の遠吠え」で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞受賞。他の著書に「男尊女子」など。  

★ 資料所在情報 ★
1貸出中です。

所蔵数 1   予約数 0

         
この資料は予約できます。