トップページへ

一覧へ

検索条件入力へ


★ 書誌情報 ★
書  名淀藩 春日局に縁ある稲葉家が治めた畿内の要衝・淀。淀川に浮かぶ「京近き名城」に秘められた物語。 
著者名 常松 隆嗣 著    
出版者 現代書館   出版年:2018
ページ数206p   サイズ:21cm   価 格:1600
分 類 216.205
件名  淀藩  
ISBN978-4-7684-7148-7
内容注記
内容紹介松平定綱が築城し、稲葉正成と春日局を祖とする稲葉家が入封した淀藩は、鳥羽伏見の戦いにおいて主戦場の一つとなった。苦渋の選択を迫られた藩士たちの真実を新資料から描き出す。写真・図版も多数収録。見返しに地図あり。  
著者紹介1970年大阪府生まれ。関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。歴史研究者。関西大学・大阪商業大学などにおいて日本史関連の講義を担当。  

★ 資料所在情報 ★
1図書館にあります。

所蔵数 1   在庫数 1